ドメスティックな米国投資

20代リーマンひよっこ投資家の投資ブログ。 違うことも投稿します。ご了承ください笑

Pythonを使える環境作りに成功!? 

どーもRubiscoです。

 

自分の可能性を広げるための自己投資としてプログラミング言語を勉強しています。

(正確にはまだ全く進んでいない・・・)

プログラミング言語っていろいろあるんですね。それすら知りませんでした。私はその数あるプログラミング言語の中から、Pythonというプログラミング言語を勉強することにしました。プログラミング言語を勉強する始めの1歩を書いていきます。

 

 

オンラインコースを受講!!

挫折して諦めないように、有料オンラインコースを受講しました。先にお金を使ってしまえばやめてしまう抑止力になるだろうという考えです。ブログの有料コースかや独自ドメイン化と同じ手法をとりました。笑

 

その有料オンラインコースはこちらです。

www.udemy.com

 

私は1900円で購入しましたが、1200.1300円の時もあるみたいです。基本料金は1万円超えです。何かと理由をつけて常に割引しているみたいです。

 

各ソフトの連携の仕方

さて、動画の通りにPython、PyCharm、Anacondaをダウンロードしていくのですが、先行き不安なことが発生……

 

それは動画をアップしてから時間が経っているので、動画で扱う3つのソフトはバージョンが現在のものとは違うことです。

実際に動画では、Python2系、PyCharmは2016年版、Anacondaは忘れましたが古いやつでした。

 

そんなことがあろうが最新版をダウンロードすればいけるだろうという考えで、3つのソフトをダウンロードしました。最新なんですから!

 

ダウンロードが完了し、動画の通りに進めてもうまくいかない・・・

ちなみに、私がダウンロードしたのはPython3.7.0、PyCharm2018年版、Anaconda3.6.5です。挫折しかけましたね。プログラミングを勉強する環境も作り上げられないとはね。かなりのダメージです。

 

 

ソフトのバージョンについて調べると、このPython3.7.0はベータ版だったのです。

なのでAnacondaと連携が取れなかったのでは?と自己流で解釈しております。

結局Python3.6.5をダウンロードしなおしてAnacondaとの連携が取れるようになりました。

 

次はPyCharmとAnacondaの連携です。

せっかくダウンロードしたのに、そのまま放置していては連携が取れないみたいです。

そこを何とか自動でやってもらいたいものです。(切実)

まぁ頑張るしかありません。

連携するには、

「PyCharmでPythonを動かすときにAnacondaを通す」という設定にする必要があります。

設定方法は、

[File]→[Default Setting]→[Project Interpreter]→[右上の▼]→[Anacondaの後ろにpython.exeがあるものを選択]

f:id:Rubisco:20180724115011j:plain

これで大丈夫です!(これだったらPython3.7.0でもいけたんじゃないか?ともおもったりしました・・・)

 

いよいよプログラムの実行!

そして、動画通りに進めると書いたプログラムを実行させなければいけません。ですが、実行がで・き・な・い。また詰んだと思いましたね。笑

動画ではさらさら~っと実行してしまいます。取り残された感が半端ないです。

 

実行の仕方(我流)としては、[ツールバーのRun]→[上から3番目のRun]→[Edit Configurations]

 

f:id:Rubisco:20180724120457p:plain

Edit Configurationsの画面

 

[左上の+からファイル(Python用)を作る]→[Nameをファイル名にして、Script Pathの右側の…]→[実行したいファイルを選択]

これでOK!!

動画では自動で出来ているので、そういう設定があるのだと思います。知っている方がいたら教えてください。笑

 

これで何とか勉強を開始できるような気がしています。

長かった・・・

 

今現在のハードルは、新しいファイルを作成するとScaning files to index…がずっと出ていることですね。それによってコードの補完機能も効かなくなるし、なにより実行ができません。どうしたらいいのか… 

一応、時間がたてばちゃんと動くのでいいんですけど…

でもどうにかしたいので、知っている方がもし、いらっしゃったら教えていただきたいです。